思い出の食堂物語2 / プレイ日記#17【ネタバレ有】

【プレイ日記】思い出の食堂物語2~心にしみる昭和シリーズ~【17】
第8話 独り立ちのビーフシチュー②

こんにちは、しまです。
今回も思い出の食堂物語2~心にしみる昭和シリーズ~をプレイしていきたいと思います!

前回のプレイ日記はこちら。
↓↓↓

===
⚠︎⚠︎⚠︎ご注意ください⚠︎⚠︎⚠︎
こちらは
思い出の食堂物語2~心にしみる昭和シリーズ~
のネタバレを含むページです。
ご理解いただける方のみお進みください。
===

第8話も半分くらい回収できたかな?
初手はニヒルなやつから!

なんか酔っ払ってるー!
聞きたくないのにニヒルなやつの話を聞かされるばーさん。

振られたんか、お淑やかさんに。

ばーさん、ちゃんと慰めてるし諭してる。
そんな中、これが食べたいって。

……食べたら改心してくれるのかな。。。
次はリカちゃん

トイレ行きたいの我慢しながらまー坊は聞いていたらしい(笑)
うーん、病気の話は気になるよね。
少なくとも、体調が良いわけでもなさそうだし。

なんか、2人とも結構素直になったよね、最初に比べたら。
いいことだ。
ちゃんとありがとうと言えるようになってるし。

ちょっと料理作れるようになるのに時間かかりそう。
結構作ってたつもりなんだけど、全然種類足りなかった!
料理レベル上げないと作れるようにならないものも多いし、回数必要だし。
そのためにはお客さんにどんどん食べてもらわないといけないんだけど。
それがね、なかなかね。
この辺がフィーバーの使い所よ。

そういや、サブエピのB&C解放されました!
もっと早く解放されてたんだけど(特にCの方は)そのままスルーしてました←
第8話終えたらこっちいってみようかな??
一応サブもやっておきたいところ。

ビーフシチュー作れるようになったので、最後のお淑やかさん

美味しいって言ってくれる、やっぱり嬉しいね。

……気がついていたんだ。
それなのに、それなのに。

そうだよ。
ばーさんの言う通りだよ??
幸せにならなきゃ!
……そんな人ばっかりだな!?このゲームは……。

一段落したお店。
リカちゃんが、今朝のことを心配してお店に来てくれました。
……優しい子!

もうさ、すでにこの時点で泣いちゃうんだが。
長生きしてねって。
まー坊が、ばーさんも月に連れて行くって言っているから。

大丈夫大丈夫と、心配をかけまいとするところが、リカちゃんのお母さんと同じで。
リカちゃんは心配なんだね。

……こんな可愛い子達置いて逝けるかよぉぉぉぉ!!
そろそろ佳境に入る9がこの次。

サブエピ突っ込んでから、そちらに入りたいと思います。

=========
当コンテンツは株式会社GAGEX『思い出の食堂物語2~心にしみる昭和シリーズ~』の画像を利用しています。
該当画像の転載・配布等は禁止しております。
©株式会社GAGEX
=========

タイトルとURLをコピーしました